現代に甦った「世界メシア教」  5200名が集い、立春祭華やかに

教祖・明主様が「世界救世(メシヤ)教」を開教されて70年目となる、令和2年2月4日。 例年立春祭として祭典が行われるこの日、表看板である教団の名前に63年ぶりに「メシア」の3文字が復活するという、教団史上かつてない祝祭となりました。 その会場となるリーガロイヤルホテル(大阪)には、平日にもかかわらず、午前と午後の部を合わせて、約5200名の信徒が全国から参拝に集まりました。 午前、午後ともに、開式前から参拝者が長蛇の列をなし、本会場に入りきれない信徒の多くがサテライト会場でのご参拝となりました。...

2020.2.4 「世界メシア教 立春祭」真明様ご挨拶

於:リーガロイヤルホテル大阪(光琳の間)  皆様、「世界メシア教 立春祭」、誠におめでとうございます。  明主様は、1950年、今から70年前、ちょうど今日の立春に、「世界救世(メシヤ)教」を開教されました。そして、1955年にご昇天になるまでの5年間、「世界メシヤ教」の名の下に宗教活動を進められました。  しかし、明主様がご昇天になってから2年経った1957年3月、「世界救世(メシヤ)教」は「世界救世(きゅうせい)教」という名前に変えられます。  それから63年が経ちました。  そして今日、私たちがいます。...

2020.2.4 「世界メシア教 立春祭」教主様お言葉

於:リーガロイヤルホテル大阪(光琳の間)   皆様、本日は、「世界メシア教 立春祭」おめでとうございます。  一昨年の地上天国祭以来、この「リーガロイヤルホテル大阪」において、度々祭典を執り行わせていただいておりますが、本日の祭典を始めとする行事につきましても、ホテルの皆様のご理解とご協力、また、格別のご配慮をいただいて開催させていただいております。ここに、「リーガロイヤルホテル大阪」の皆様に、厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございます。  ...

【明主様の御歌と御教え】立春祭 2020年2月4日

御歌   此年(この とし)の春立つ今日を芽出度(め で た)くも救世(メシヤ)教会創立なしける キリストの再臨の謎解けぬらんメシヤの出(い)づる時の来ぬれば 立罩(たち こ)むる世の暗雲をうち払ひヱホバを負うて降るメシヤは 御教え 中島氏帰幽に関する御言葉 (昭和二十五年二月)  立春の日には組織が変わった。  元旦には、今年からたいへんだと言った。それは世間のことと思ったら、教団自体に大きい変わり事があった。...

教主様による合祀のお知らせ

祖霊合祀祭が1月27日、本部ご神前で執り行われました。 祭主であられる教主様が、国内の他、ブラジル、アンゴラ、アメリカ、ポルトガル、フランスから申し込みのあった祖霊様を合祀くださいました。...

教主様ご出座の新年祭 ~メシアの光輝く一年がスタート~

祭主・教主様のもと、令和初となる新年祭が1月1日、主之光教団本部ご神前で執り行われました。まゆみ奥様と、教主様の後継者であられる真明様がご臨席になるとともに、約千人の信徒が全国各地から参拝が許されました。 午前11時、教主様がご入座。「新年祭祝詞」を厳かに奏上され、玉串を奉奠。教主様ご先達のもと、全員で天津祝詞と善言讃詞を奏上し、御神影へ拝礼。続いて祭員の先達で御讃歌を奉唱。御教え「大光明世界の建設 ミロクの真相」を拝聴し、教主様からご浄霊をいただきました。...

2019.12.23 御生誕祭 真明様ご挨拶

於:ツインメッセ静岡 南館   皆様、こんにちは。  私たちは、「イエス・キリスト」とか、「キリスト教」とか、「聖書」という言葉を聞くと、どのような思いが心に湧くのでしょうか。  「またキリスト教の話か」とか、「イエスと明主様と何の関係があるのか」とか、あるいは、「キリスト教と明主様のご神業と何の関係があるのか」というような思いを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。...

本部
〒413-0006
静岡県熱海市桃山町27-1

本部事務所
〒413-0011
静岡県熱海市田原本町9-1
熱海第一ビル4F

This post is also available in: English Português