世界メシア教 Igreja Mundial do Messias World Church of Messiah

豊穣祈願祭

豊穣祈願祭が3月1日、祭儀を司る教主様のお祈りのもと、本部ご神前で執り行われ、理事、教区長、職員が参拝しました。新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、信徒の参拝は行われませんでした。   全国から集まった種子がお供えされ、教主様による「豊穣祈願祭祝詞」を祭員が奏上し、成井理事長が玉串を奉奠。参拝者で天津祝詞・善言讃詞を奏上し、御讃歌を奉唱しました。御教え「言霊(ことたま)について」を拝聴した後、成井理事長よりご浄霊をいただきました。...

教主様による合祀のお知らせ

祖霊合祀祭が2月27日、本部ご神前で執り行われました。 祭主であられる教主様が、国内の他、ブラジル、アンゴラ、アメリカ、ポルトガル、フランス、コロンビア、オランダから申し込みのあった祖霊様を合祀くださいました。...

ヴィキトル代表の逝去を悼んで

2020年3月6日(日本時間3月7日)、「コンゴ民主共和国世界メシア教」のヴィキトル代表が、急逝されました。享年53歳でした。ヴィキトル代表は、教団浄化の中で、コンゴ民主共和国の多くの信徒と共に真っ先に教主様中心で立ち上がり、一昨年の12月には、教主様に拝謁したいという一心で、「教主の座アフリカ世界救世教」のアフォンソ本部長をはじめとするアフリカ教師数名と共に来日し、教主様へのご面会を許されました。昨年静岡で行われた御生誕祭にも参拝され、また、祭典前日には、真明様より、コンゴ民主共和国信徒への「おひかり」を拝受されました。...

2020年「豊穣祈願祭」成井理事長挨拶

於:本部ご神前 皆様、豊穣祈願祭おめでとうございます。  春の陽光が輝き始め、新しい息吹に心浮き立つ頃となりました。 只今は、世界救世教の教義を定め、祭儀を司る唯一のご存在である教主様の篤いお祈りに包まれて、豊穣祈願祭を厳粛に執り行わせていただけましたこと、主神と、主神と共におられる明主様に、心より感謝申し上げたいと存じます。  私どもは、本日のみ祭りにおいて、全国の自然農法実施農家をはじめ、皆様から寄せられました種子をお供えし、今年一年の豊かな実りをお祈りさせていただきました。...

【明主様の御歌と御教え】豊穣祈願祭 2020年3月1日

御歌 神を力に誠の杖もて進む身は世に怖(おそる)るものなきを知りけり 如何ならむ悩みに遇(あ)ふも躊らはじ誠一つに進みゆく身は 信徒の誠心に迸(ほとば)しる声ぞ世界の動かざらめや 御教え 言霊(ことたま)について (昭和二十五年)  彼(か)の聖書に、「太初(はじめ)に言葉あり、万物これによって作らる」ということがあるが、これは言霊(ことたま)の活動をいったものである。*...

教祖祭 本部と碧雲荘で厳かに

  教祖・明主様のご昇天から65年。世界メシア教本部と、明主様から続く歴代教主様のお住まいである碧雲荘で、2月10日、「教祖祭」が執り行われました。 本部での祭典後、仲泊管長、成井理事長をはじめとする理事、教区長、評議員、布教区長、本部の幹部、また、ブラジル世界メシア教のナガエ理事長と、アメリカ世界メシア教のサントス教会長代行など85名が碧雲荘をご訪問。 教主様、まゆみ奥様、教主様の後継者であられる真明様との記念撮影に臨んだ後、教主様ご先達のもと、全員で碧雲荘ご神前にてご参拝をさせていただきました。...

「世界メシア教 全国布教区長会」開催

5200名が集った「世界メシア教 立春祭」の翌2月5日。全国布教区長会が、同じくリーガロイヤルホテル(大阪)において開催されました。 教主様ご出座のもと、まゆみ奥様、教主様の後継者であられる真明様がご臨席。仲泊管長、成井理事長をはじめとする理事、教区長、評議員、布教区長、本部の幹部、また、立春祭に参拝に来られていた海外教師など86名が出席しました。 はじめに、教主様ご先達のもと、全員で天津祝詞を奏上し、教主様よりご浄霊を賜りました。 成井理事長、仲泊管長の挨拶に続き、髙原中部教区長、黒澤三重布教区長が代表して、決意を発表。...

2020年 「世界メシア教 立春祭」成井理事長挨拶

於:リーガロイヤルホテル大阪(光琳の間)  皆様、「世界メシア教 立春祭」おめでとうございます。  梅の花がほころび始め、春立つ香りが漂う頃となりました。  本日、私は、明主様のみ心を現界にて顕現なさるる教主様のお導きとご承認のもと、ここに、「世界メシア教」の復活を宣言し、全国の皆様にご報告申し上げます。  皆様、誠におめでとうございます。...

現代に甦った「世界メシア教」  5200名が集い、立春祭華やかに

教祖・明主様が「世界救世(メシヤ)教」を開教されて70年目となる、令和2年2月4日。 例年立春祭として祭典が行われるこの日、表看板である教団の名前に63年ぶりに「メシア」の3文字が復活するという、教団史上かつてない祝祭となりました。 その会場となるリーガロイヤルホテル(大阪)には、平日にもかかわらず、午前と午後の部を合わせて、約5200名の信徒が全国から参拝に集まりました。 午前、午後ともに、開式前から参拝者が長蛇の列をなし、本会場に入りきれない信徒の多くがサテライト会場でのご参拝となりました。...

2020年 「世界メシア教 立春祭」真明様ご挨拶

於:リーガロイヤルホテル大阪(光琳の間)  皆様、「世界メシア教 立春祭」、誠におめでとうございます。  明主様は、1950年、今から70年前、ちょうど今日の立春に、「世界救世(メシヤ)教」を開教されました。そして、1955年にご昇天になるまでの5年間、「世界メシヤ教」の名の下に宗教活動を進められました。  しかし、明主様がご昇天になってから2年経った1957年3月、「世界救世(メシヤ)教」は「世界救世(きゅうせい)教」という名前に変えられます。  それから63年が経ちました。  そして今日、私たちがいます。...

本部
〒413-0006
静岡県熱海市桃山町27-1

本部事務所
〒413-0011
静岡県熱海市田原本町9-1熱海第一ビル4F

This post is also available in: English Português