御歌

 

此年(この とし)の春立つ今日を芽出度(め で た)くも救世(メシヤ)教会創立なしける
キリストの再臨の謎解けぬらんメシヤの出(い)づる時の来ぬれば
立罩(たち こ)むる世の暗雲をうち払ひヱホバを負うて降るメシヤは

御教え

中島氏帰幽に関する御言葉 (昭和二十五年二月)

 立春の日には組織が変わった。
 元旦には、今年からたいへんだと言った。それは世間のことと思ったら、教団自体に大きい変わり事があった。
 これからは世の中に変わり事があろうと思う。いまは観音様のお働きはできない。祝詞にも、応身弥勒と化し、メシヤとならせと入れた。観音様はメシヤとならせられ、観音様のお働きはメシヤになる。観音様は東洋的であり、世界的のものではない。
 世界人類の救済からゆくと、メシヤ教はよほどキリスト教に近くなる。いずれはそうなるべきだが、ようやく時期が来たのである。

*祭典用に抜粋しております。