〔明主様〕

人の力いとど弱きを知りてより心に宿る神の生魂

 

〔聖書〕

主が言われた、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。

「コリント人への第二の手紙」12章9節~10節

 

 

『グローリー』No. 4, 2020/5月号掲載

出典:『口語訳聖書 1954年/1955年改訳』(⽇本聖書協会)