世界メシア教 御生誕祭

2020年12月20日

御歌

人の目にうつらぬまでの事にしてすすむ神業のいと速きかも

何事も日進月歩の世にありて旧き教へに救はるべしやは

大御業深き仕組は底知らず只御心のままに委せよ

聖言

再びベルグソンに就て  昭和二十六年七月十八日

私は以前、仏蘭西の有名な近代哲学者である、彼のアンリ・ベルグソンに就てかいた事があるが今度再びかいてみたい心が起ったので筆をとったのである。というのは、よく私に対って、色々な事を訊いたり、又私の方から話す場合、其意味が簡単に判る人は洵に少ないのであって、事柄としては実に簡単で判りそうなものだが、仲々判らない。訊く人は相当の教養があり乍ら頷けないので、私は色々な例を挙げて、諄々しく並べてやっと判るのである。其都度思い出すのは、ベルグソンの哲学である。
 何故、簡単な事がそれ程判らないかを考えてみると、斯ういう理由がある。それはベルグソンの所謂刹那の吾にならないからで、勿論それを意識しないからでもあろう。彼の説によれば人間は誰でも物心がつき始めると、色々な事を聞いたり、伝説や既成学問を詰め込まれたりするので、一人前になる迄には、それが棒のようなものになって心の中に出来て了う。だから棒以外の説を聞いても、其棒が邪魔をして想念の中へ其まま入らない、だから想念の中が空ッポなら、苦もなく入るから直ぐ判る訳で、よく白紙になれなどと曰われるが全く其通りである。そうは言うものの棒などに気がつく者は殆んどないらしい、だから此文を読んだ人は、今からでも刹那の吾となる事である。刹那の吾とは、物を見たり聞いたりした其瞬間、咄嗟の感じを言うのである。全く棒が邪魔をする間隙のない、恰度子供と同じようにする、よく子供が大人の言葉をきき、返えす言葉に感心させられる事がよくあるが、全く棒の邪魔がないからである。
 此事を彼は又、直観の哲学とも曰った。此意味も歪めないで真ッ直に物を見よ、それが正しい観方であるという訳で、刹那の吾に附随したものである。それから又彼の哲学には、万物流転という言葉がある。之も仲々面白いと思う。それは万有一切は一瞬の停滞もなく動いていると言う意味で、例えば去年と今年とは一切が何処か異っている。世界も社会も同様であり、自分自身の想念も環境もそうである。否昨日の自分とも、五分前の自分とも必ず異っている処がある。としたら昔からいう一寸先は闇という言葉もそれである。此様に何でも彼んでも一秒の停止もなく流動してやまないのである。
 従って、此理を人間に当嵌めてみる時、斯ういう事になろう。何かの事にブツかった時、去年の観方も考え方も、今のそれと異っていなければならない。大きく見れば終戦前と終戦後とは丸きり異っているではないか、僅かの間に驚異的である。処が多くの人は、何百年前の行り方や、何十年前の考え方が、先祖代々から棒のように続いているから、適確に現在を把握する事が出来ない。之を称して封建とか、旧い頭とか言うのであろう。つまり一切が流転しているのに、御自分だけは泥水のように停滞しているからで、斯ういう人こそ世の中から置き去りを喰ったり、不幸な運命となるのである。

『栄光』百十三号
 *抜粋