世界メシア教 地上天国祭

2021年6月12日

 

御歌

光和め塵に同こり応身の弥勒の神業はやすみにける

和光同塵応身の業やうやくにすみにけらしも夢の如くに

千早振神の御代とぞなりにける御仏の世のはやすみければ

旧き殻脱けんとなして天地は今大いなるなやみにありけり

畏くも応身の衣かなぐりて起たむメシアのいさぎよきかも

 

聖言

御講話 昭和二十九年三月一日

こういう事を知っておかなければならないのです。以前はよかったが、これからはいけない事があるのです。即ち、神様の方は厳しくなったのです。というのは、和光同塵と言って、以前は神様は大抵な事は許されたのです。それが時期が進むに従って凡てがはっきりして来るのです。そうすると以前は許された事も、これからは許されなくなるという事が随分あるのです。だからこれからはだんだん、物事を几帳面にはっきりしてゆくという事が肝腎なのです。
『御垂示録』二十九号