〔明主様〕
──1955111日 明主様側近奉仕者の記述より

メシアとならせらるる御苦労は実に大変なものであって、メシア様には何遍も自殺しようと思ったと御述懐遊ばされいし御由。メシア様の御修行遊ばし損ねたら、メシアとお成りになる事は出来ぬのであると、お傍の者申しいしとの事。

 

〔聖書〕
あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。また子たちに対するように、あなたがたに語られたこの勧めの言葉を忘れている、
  「わたしの子よ、
  主の訓練を軽んじてはいけない。
  主に責められるとき、弱り果ててはならない。
  主は愛する者を訓練し、
  受けいれるすべての子を、
  むち打たれるのである」。
あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。いったい、父に訓練されない子があるだろうか。だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生子であって、ほんとうの子ではない。その上、肉親の父はわたしたちを訓練するのに、なお彼をうやまうとすれば、なおさら、わたしたちは、たましいの父に服従して、真に生きるべきではないか。肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、たましいの父は、わたしたちの益のため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。
「ヘブル人への手紙」第124節~11

 

教会誌『グローリー』No. 29, 2022/6月号掲載
 聖書出典:『口語訳聖書 1954/1955年改訳』(日本聖書協会)