メシア降誕本祝典

2022年6月15日

 

明主様御歌

長き世の仮の文明打砕き真の文明打樹てんかも

過ぎし方振さけみれば八重葎(やえむぐら)茨の道をよくぞ越え来し

三千年の桃実るてふ此年に国も高天も御祝典(ことほぎ)のあり

パリサイ人等悔い改めて額かん栄冠耀くメシアの御前に

あな尊と天より降るキリストを祝ふハレルヤの声ぞいさまし

祝(ほ)ぎ歌に国中(くぬち)どよみて音高く天の御位にのぼらす日の御子

行手には光明見えて胸ぬちに希望の泉湧き出づるなり

聖言

昭和24年9、10月御光話

問   「見真実」の地位には信仰が深くなれば誰でも到達出来るのでしょうか。

明主様 これは絶対に出来ませんね。特に何千年、何万年に一人選ばれた人がなるんです。勿論、普通の人でも信仰が深くなればその手前まで行けますよ。そして、将来は世界中の人がそこまで到達する様になるんです。けど、今は未だ秘密なんですよ、矢張り邪神がいますからね。然し、もう直きですよ。五六七の御代には「見真実」なんてなくなってしまうんですよ。誰でもみんな真実が判る様になってしまうんですから。

『御光話録』15号

 

聖書

ヨハネの黙示録  第21章1節~7節

わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

すると、御座にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。そして、わたしに仰せられた、「事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう。勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。

This post is also available in: English Português