世界メシア教では、2022年10月1日(土)、ホテルニューオータニ大阪において、任期満了に伴う役員と評議員の改選が行われ、新評議員13名にすべて女性信徒が選出されました。教主を中心とする教団方針に沿った運営を役員会が行っているかどうか監視し、代表役員及び責任役員を解任できる評議員をすべて女性が担うことは、教団として初めてのこととなります。

今でこそESGやダイバーシティという言葉とともに、女性の活躍が推進されていますが、教祖・岡田茂吉は、ようやく女性の参政権が認められた戦後間もない日本にあって、当時の男性偏重の社会をよしとせず、男性と女性がバランスよく協力して活動していく重要性を説いていました。

この教祖の教えをこれからの時代にあってより具体化していくために、世界メシア教は女性がより活躍できる組織づくりを力強く推進してまいります。そして性別や人種、国籍等を超えて、さらなる多様性を取り込み、ダイバーシティの推進に取り組みつつ、一人ひとりの心を尊重した宗教活動を通し、社会人心の教化によって公益に資することを目指して、一層の社会貢献に努めてまいります。

This post is also available in: English Português