明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

十一月度月次祭 2021年11月1日 御歌 神知らぬ人の憐れさ世の終り来つるがまでの命にありせば 凡眼に映り得べしやいと尊き神の御姿現はれ給ふも 盲ほど儚なきものは世にあらじ近処の宝知る由もなく 大いなる神の力を見するとも哀れ盲の眼には映らじ 戦ひも病も貧も何かせむ神の力を受くる我身は *「盲」当時の時代背景と、明主様の遺された御歌の姿を尊重し、原文のままとしています。 聖言 春季大祭御講話(昭和28年3月23日)...
明主様の御歌と聖言

明主様の聖言

世界メシア教 秋季大祭 2021年10月2日 聖言 本教救いの特異性 昭和24年10月5日 本教の使命は地獄で苦しんでいる人達を、天国へ救うので、それによって社会を天国化そうとするのである。此意味に於て、人を天国へ救うには、先ず自分が天国に上って天国人となり、大衆を救い上げるのである。つまり地獄から天国へ梯子をかけて、手を延して一段一段登らしてやるという訳である。之が今日迄の凡ゆる宗教と異る点で、それは寧ろ反対でさえある。...
明主様の御歌と聖言

2021年「世界メシア教 秋季大祭」献歌

世界メシア教 秋季大祭 2021年10月2日 奏上歌 秋季大祭に今の自分をありのままお供へせむと神に真向かふ 過現未と吾とを結ぶ主の神の力を称え今を生きなん キリストの苦難の道と明主様の道あればこそたつ地上天国 み救いを求むる多くの人々を主神に取り成す祈りぞ尊き 甦りの生命の息を知りし今呼吸と共に御業に仕へん 入選歌 吸う息と吐く息の中に生る神意識せずして生る愚かさ 尊くも教主様が御下付の「大光明」に祈り捧げる我が家となりぬ 新鮮なインスタグラムメッセージを見れば日ごとの食物となる...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

九月度月次祭 2021年9月1日 御歌 牢獄を己が作りて己が身を抛げ込む愚かな人の多かり いと小さき声きこゆるも大いなる言霊入らぬ人の耳かな 水晶の世界となれば如何ならん隠し事とて表はるるなり いとやすき神の真道をよそにしてなやみつづくる人の愚かさ 地獄への道も天国への道も選ぶがままのこの世なりける   聖言 観音信仰 (昭和二十四年四月二十日)...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と三代様お言葉

世界メシア教 祖霊大祭 2021年8月1日 御歌 世に勝てるメシアはいともはればれと西の都に入らすよき時 東方の光はひろぎひろごりて西の涯まで照しゆくらん イスラエルの民も歓呼の声挙げむあくがれ待ちし真のメシアに   三代様お言葉 御講話 昭和五十九年十二月二十二日...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と二代様お言葉

七月度月次祭 2021年7月1日 御歌 信仰の真髄こそは礼節を守るにありと知れよ信徒 現し世の乱れを釐し順序ある御代打樹てむ我が望みかな 弥固き真の道を歩む身は如何ならん世のくるも懼れじ 二代様お言葉 御講話 昭和三十四年三月二十三日 今度、私の指導する線と明主様の指導された線とが、食い違っているということを聞いたことがあるのですが、これは大変な間違いであります。...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

世界メシア教 地上天国祭 2021年6月12日   御歌 光和め塵に同こり応身の弥勒の神業はやすみにける 和光同塵応身の業やうやくにすみにけらしも夢の如くに 千早振神の御代とぞなりにける御仏の世のはやすみければ 旧き殻脱けんとなして天地は今大いなるなやみにありけり 畏くも応身の衣かなぐりて起たむメシアのいさぎよきかも   聖言 御講話 昭和二十九年三月一日...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

五月度月次祭 2021年5月1日 御歌 人類を救ふ力は宗教を超えし力にありと知れかし 大いなるいと大いなる力生れ此天地に迫り来る今 力なり噫力なり潰えなむ世を甦らすも神の御力 聖言 五六七大祭 昭和二十五年三月十一日 愈よ本教救世教となって第一回の五六七大祭を例年の如く三月五日、六日、七日の三日間に執行われる事になったのは、まことに芽出度い限りである。...
明主様の御歌と聖言

2021年「世界メシア教 春季大祭」献歌

世界メシア教 春季大祭 2021年4月4日 奏上歌 メシア教信徒となれし栄光を大光明に帰する春季大祭 主の祈りメシアの御名の教会の使命を持ちて日ごと唱えん 再臨を待つことなかれ主の神はすでにわが身と共にありけり この息は神の命と知りてより一息の中想い委ねん 主の神も明主様もイエスもわが内に在すと信じ伝え励まん   入選歌 燃えるような若き人材育成に誠捧げる我でありたし 主の祈り唱えられるは中心に主がいるからと気づきし喜び イスラエルの民が犯しし罪が今私の中で贖われけり 我が内のメシアの御名の救ひこそ真の救ひと信じ仕へむ...
明主様の御歌と聖言

明主様の聖言

世界メシア教 春季大祭 2021年4月4日 聖言 進歩的宗教 昭和二十五年一月三十日 熟々現在社会を見る時、日進月歩の今日如何なるものと雖も、進歩から外れているものは一つもない。処が不思議な事には、人類に最も関聯の深い宗教分野のみは、些かの進歩もみられないで旧態依然たるどころか、寧ろその逆でさえある。何よりの証拠は既成宗教がよくいう言葉に、本道に帰れ、即ち開祖の出発点へまで戻れというのである。...