緊急通知

緊急通知

2018年7月26日午前11時過ぎ、いづのめ教団において国内随一の信徒数を誇る中部教区(日本にある5教区のうちで最大規模。信徒は教団全体の約3分の1)の本部に、小林執行部の関係者大勢が、何の事前連絡もなく、突然押しかけてきました。 小林昌義氏は、昨日25日、鎌倉教会所属の方に、突如、中部教区長代理の辞令を出しました。その鎌倉教会の方が本部職員約10名を従え、現地に到着にするなり玄関の鍵を取り換えました。鍵屋をわざわざ同行させていました。そして、事務所や各部屋に鍵を取り付け、何が起こったのかと呆然とする教区職員を追い払ったそうです。...
緊急通知

ご浄霊とおひかりについて

信徒各位 現在、世界救世教は、重大な変革の時を迎えており、その時期に際し、教団を、教費や献金で支えている信徒の方々は、なにが起きているかを知る権利があります。ですから私たちいづのめ教区では、できる限りの情報を皆様に共有させていただいています。 しかし残念なことに、信徒の目を真実から背けさせる目的をもって、「教団浄化の話はしない」「すべては神様がされているのだから、黙っていればよい」「とにかく浄霊をしよう」という声をよく聞きます。...
ブラジル世界救世教配信の渡辺孝真氏の文書について

いづのめ教団・小林執行部及び東方之光・MOAによる 岡田陽一四代教主様の推戴取り消し及び聖地からの追放について

包括法人世界救世教の管長・代表役員を自称する長澤好之氏(東方之光・MOA)は、世界救世教理事会が「教主様の推戴を取り消した」旨議決した、として2018年6月22日付「御通知」と題する文書を教主様に送付してきました。 また、同日、真明様とマミ様に対しても、「宗家」の資格を失ったことを通知してきました。まゆみ奥様に対しても近々同様のことをしてくるでしょう。 そして、6月24日には世界救世教の名前で「信徒の皆様へ 岡田陽一様に教主を退いていただく決定のお知らせ」と題する文書を信徒宛に配布しました。...
ブラジル世界救世教配信の渡辺孝真氏の文書について

信徒の皆様へ

平成30年6月25日 信徒の皆様へ いづのめ教団・小林執行部及び東方之光・MOAによる 岡田陽一四代教主様の推戴取り消し及び聖地からの追放について 世界救世教主之光教団 いづのめ教区 広報 包括法人世界救世教の管長・代表役員を自称する長澤好之氏(東方之光・MOA)は、世界救世教理事会が「教主様の推戴を取り消した」旨議決した、として本年6月22日付「御通知」と題する文書を教主様に送付してきました。...
ブラジル世界救世教配信の渡辺孝真氏の文書について

岡田真明様に対する懲戒処分と解雇通知について

2018年5月21日、岡田真明様に対して「懲戒処分並びに解雇通知書」が「包括法人世界救世教代表役員 長澤好之」名で届けられました。 教主様の認証を得ずに、包括法人世界救世教代表役員と称している東方之光(MOA)の長澤氏をはじめ、入江光生氏、森富士夫氏、横山茂弘氏、いづのめ教団の小林昌義氏、榊原光一氏、中居林氏らは、真明様を世界救世教から事実上追放し、初代教主の明主様から連綿と続く教主制を廃止する道を選びました。この事実は、世界救世教の存亡に関わる重大な問題です。...
ブラジル世界救世教配信の渡辺孝真氏の文書について

いづのめ教団「理事長」を自称する小林昌義氏の新体制について

信徒各位 小林氏は平成30年4月1日・2日の春季大祭の挨拶で、任期満了に伴う役員改選を行い、新体制が発足したことを表明しました。 しかし、役員改選は法律上の手続に問題があり、代表役員(理事長)を名乗る小林氏に至っては、「規則」等に定められた「教主様の認証」を得ていません。すなわち、小林氏の新体制というのは、「嘘で塗り固められた体制」なのです。  【その1 懲戒処分による教議員の罷免等】 3月29日、小林執行部は、教主様を支持する役職員に対して、下記の懲戒処分を下しました。   《白澤道夫》 ...