教主様と真明様 ── 明主様のみ心をお受けして ── 13

教主様と真明様 ── 明主様のみ心をお受けして ── 13

「私たちは、神様と宗教を隠しません。」   《明主様》 私の口から言うのは可笑しいですが、終戦迄は宗教的な事は何にも出来なかったのです。日本浄化療法という民間療法で漸く仕事をしていたわけです。それが終戦になった為に信教の自由が許されるという様なわけで、宗教的な運動も出来る様になり、今日の様に発展し、〝アメリカを救う〟という本も出せる様になった(1952年10月20日 御講話)  ...
明主様と聖書 15

明主様と聖書 15

〔明主様〕 凡人の眼には善としうつる事も神の御眼には悪の事もあり   〔聖書〕 あなたがたは、人々の前で自分を正しいとする人たちである。しかし、神はあなたがたの心をご存じである。人々の間で尊ばれるものは、神のみまえでは忌みきらわれる。「ルカによる福音書」第16章15節   教会誌『グローリー』No. 16,...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

五月度月次祭 2021年5月1日 御歌 人類を救ふ力は宗教を超えし力にありと知れかし 大いなるいと大いなる力生れ此天地に迫り来る今 力なり噫力なり潰えなむ世を甦らすも神の御力 聖言 五六七大祭 昭和二十五年三月十一日 愈よ本教救世教となって第一回の五六七大祭を例年の如く三月五日、六日、七日の三日間に執行われる事になったのは、まことに芽出度い限りである。...
明主様の御歌と聖言

明主様の聖言

春季大祭 聖言 2021年4月4日 聖言 進歩的宗教 昭和二十五年一月三十日 熟々現在社会を見る時、日進月歩の今日如何なるものと雖も、進歩から外れているものは一つもない。処が不思議な事には、人類に最も関聯の深い宗教分野のみは、些かの進歩もみられないで旧態依然たるどころか、寧ろその逆でさえある。何よりの証拠は既成宗教がよくいう言葉に、本道に帰れ、即ち開祖の出発点へまで戻れというのである。...
明主様と聖書 14

明主様と聖書 14

〔明主様〕 人が一度信仰に入ると神は御恵みを下さろうとするが汚れたものがある場合、それを浄めて下さる。それは幸せになる資格を与えて下さるのです。信仰に入ると必ずいきなり幸せになるとは云えない。先ず汚れを取り除かねばならない。「御光話録」1948年6月18日...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

初代教主ご命日祭 2021年2月10日 御歌 その頃を顧みすれば恐ろしも闇路杖なく彷へるなり 大前に額く我となりにけり神に背きし罪を悔みて 天国の道を知らずば吾は今世のうたてさに泣きくづれけむ 経緯の結びの要に美しき玉の御子は生れ給ひぬ 今暫し待て信徒よ夢にだも思へぬ幸の近めばなりけり   聖言 「朗読 私の歩んだ信仰生活」(御生誕祭上映―音声のみ) 「昭和29年6月5日...
教主様と真明様 ── 明主様のみ心をお受けして ── 11

教主様と真明様 ── 明主様のみ心をお受けして ── 11

「貫く」   《明主様》  正義を貫き通すという事で、そこが偉いのです。…何故と言って、正義というのは神様が擁護するからです。如何にしても、結局失敗してしまいます。ですから私が今までいろいろ闘ったり酷い目に遭ったが、正義を守って一歩も退かないから、結局だんだん勝ってゆくのです。ところが正義というのは、一時悲惨な目に遭うから都合が悪いのです。丁度人間と同じで、熱冷しをのむと一時冷めるから、一時は良いようなものです。ところが本当の事を貫くという事は最後の勝利であるという事が分るのです。 (1953年11月25日 御講話)...
明主様の御歌と聖言

明主様の御歌と聖言

豊穣祈願祭 2021年3月1日 御歌 例しなき神業に仕へ奉るこそ人と生れし此世なき幸なる 数ならぬ身にしあれども御業の端になりとも加へさせたまへ 魂機張る心に誓へり救世の為ひたに尽さむ今日を境に   聖言 玉川郷秋季大祭御講話 昭和十年十一月十一日...