明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌・聖言・聖書

九月度月次祭 2022年9月1日 明主様御歌 誰が眼にも映らぬ程のひそけさに神の仕組は已に成りけり 幾万年待たれ給ひし大神の仕組は今し成らむとするなり あまりにも尊く深く大いなる経綸に驚く時来ぬるらむ 光なり嗚呼光なり如何ならむ濃き暗とてもうち霽らすなり 三界万霊もれなく歓喜に浸るらん救の光仰ぐたまゆら 大神の勲し高く褒め讃ふ清き言霊天地に響かむ 此教へ知らぬ人こそ哀れなれ真の幸を掴み得ざれば 救はれし幸を思へば身を竭し心尽して酬はでやおかん 聖言 開教の辞 世界救世(メシア)教の誕生に就て 昭和25年2月4日...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌・聖言・聖書

世界メシア教 祖霊大祭 2022年8月7日   明主様御歌 吾は今有神論を振り翳し無神謬論打砕くなり   *謬論=誤った議論 神を恐れ正しき道を守る人つくるぞわれの使命なるらん 誤れる文明吾は立直し神の勲輝かせんとす 如何ならむ非難譏りも来れかし吾には破邪の剣ありせば 諸人の闇をさ迷ふ中にありて光の道を勇みゆく吾ら 奴羽玉の闇の夜路にゆきまどふ世人誘はむ光の道へ 無神論有神論を結ぶこそ真の文化の基なりける 抜きも差しもならぬ此世にメシア教出でずば未来は如何になるらむ 聖言 公明選挙について ⑵ 昭和28年4月8日...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌・聖言・聖書

七月度月次祭 2022年7月1日   明主様御歌 神人と唱ふる深き言の葉の謎はいよいよ吾証さなん 思ひきや賤の男子の現身に宿かり給ふ観音畏し ハレルヤの歓呼の声に輝いて降るメシアを仰ぐ嬉しさ ハレルヤの歓呼の渦の直中に静かに天降るメシアキリスト 吾こそは罪ある者を救はんと権威を有ちて世に降りける 弥果てに万人悉我膝に鰭伏す時のたのしまれぬる 只一人吾只一人主の神の任しを帯びて世ぞ救ふなる 人にして神にしありぬ神にして人にあらねば世ぞ救へまじ   聖言...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌・聖言・聖書

メシア降誕本祝典 2022年6月15日   明主様御歌 長き世の仮の文明打砕き真の文明打樹てんかも 過ぎし方振さけみれば八重葎(やえむぐら)茨の道をよくぞ越え来し 三千年の桃実るてふ此年に国も高天も御祝典(ことほぎ)のあり パリサイ人等悔い改めて額かん栄冠耀くメシアの御前に あな尊と天より降るキリストを祝ふハレルヤの声ぞいさまし 祝(ほ)ぎ歌に国中(くぬち)どよみて音高く天の御位にのぼらす日の御子 行手には光明見えて胸ぬちに希望の泉湧き出づるなり 聖言 昭和24年9、10月御光話...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌・聖言・聖書

五月度月次祭 2022年5月1日   明主様御歌 天国に世人救はむ望みもて吾先づ天国の人となるなり 天国の歓喜に浸る身にあらで人導かめやは神の御国へ 物慾の外望みとてなき人を見る毎神知る人の尊し 私心なく正しき道を守りなば大御恵を豊に享くるなり 救はれし幸を思へば身を竭し心尽して酬はでやおかん 聖言 御対談「凡ては神様の御意志にあり」 昭和29年8月4日 記 者 教祖以下、救世教の信者は神様の指令下に入っているわけですね……。 明主様 そうです。こっちは役者です。...
明主様御歌・聖言・聖書

聖言・聖書

世界メシア教 春季大祭 2022年4月3日   聖言 恐怖を除く 昭和25年1月7日 吾々の目標とする処は、常に言う如く人類救済にあるのである。としたら、人類救済という事は一言にして言えば、人類社会から一切の恐怖を除く事である。勿論その最大なる恐怖としては病気であり、貧困であり闘争である。...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌と聖言

豊穣祈願祭 2022年3月1日 明主様御歌 嘘をいふ人こそいとも愚かなり己が舌もて己が傷つき 諸々の悪を育くむ種こそは嘘佯りの心なりけり 地上天国も詮じ詰めれば暗がりも秘密も嘘もなき世なりける 正直の人ほど神は賞でまされ限りなき幸恵み給はむ 人の眼は偽り得ても神の眼は偽り得ぬと知る人の幸 聖言 嘘吐き迷信 (昭和26年9月5日)...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌と聖言

初代教主ご命日祭 2022年2月10日 明主様御歌 浮草のところ定めぬ我心愁れと救ひませる主はも 天国の道を知らずば吾は今世のうたてさに泣きくづれけむ 嬉しさの湧く喜びを知りにけり神に額く事を知りてゆ 眼にみえぬ神の縁の糸強くひかれて真道を我は来にけり 佯りや秘密なき世を造らむと夜昼心を砕く吾かも 聖言 光への道(昭和24年12月30日)...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌と聖言

世界メシア教 立春祭 2022年2月4日 明主様御歌 光なり嗚呼光なり日の神の光は已に昇り初めける 善き人の喜び悪しき人歎く正しき御代の来つる嬉しさ 信仰のなきは骨無き人ならむ善きも悪しきも風次第なる 己が生命助からんとして逆しらに滅ぶる人の多き世なるも 世に哀れなるは盲ぞ地獄をば天国と見紛ひ足らひゐるなり 光明の遍く照らす世なりせば塵や汚れのなどあるべしや 人の世は早すみにけり待ち佗びし神の大御代弥よ来にけむ *「盲」当時の時代背景と、明主様の遺された御歌の姿を尊重し、原文のままとしています。 聖言...
明主様御歌・聖言・聖書

明主様御歌と聖言

新年祭 2022年1月1日 明主様御歌 我夢の実とならん日の近み胸のふくるるこの日頃かも 待ちわびし今年のよき日は来りけりいざ腹帯を固く締めなむ 常暗の世も明けぬらん大いなる救ひの陽光輝き初めて 大いなる神の仕組は今はしも一切万有革むるなり 今暫し待て信徒よ夢にだも思へぬ幸の近めばなりけり 聖言 御講話(昭和24年3月)...