明主様御歌と聖言

明主様御歌と聖言

世界メシア教 立春祭 2022年2月4日 明主様御歌 光なり嗚呼光なり日の神の光は已に昇り初めける 善き人の喜び悪しき人歎く正しき御代の来つる嬉しさ 信仰のなきは骨無き人ならむ善きも悪しきも風次第なる 己が生命助からんとして逆しらに滅ぶる人の多き世なるも 世に哀れなるは盲ぞ地獄をば天国と見紛ひ足らひゐるなり 光明の遍く照らす世なりせば塵や汚れのなどあるべしや 人の世は早すみにけり待ち佗びし神の大御代弥よ来にけむ *「盲」当時の時代背景と、明主様の遺された御歌の姿を尊重し、原文のままとしています。 聖言...
明主様御歌と聖言

明主様御歌と聖言

世界メシア教 御生誕祭 2021年12月19日 明主様御歌 ハレルヤハレルヤ救世主の神の現世に降らせ給はむ時ぞ楽しき あな尊と天より降るキリストを祝ふハレルヤの声ぞ嬉しき ハレルヤの歓呼の渦の直中に静かに天降るメシアキリスト いやはてにメシアの救主は降るらむハレルヤハレルヤの声に迎へられ ハレルヤの歓呼の声に輝いて降るメシアを仰ぐ嬉しさ 聖言 御講話(昭和24年3月13日) 問   私の娘はミッションスクールに行って居るのでございますが……。 明主様 ええ、いいじゃないですか。...
明主様御歌と聖言

明主様の聖言

世界メシア教 秋季大祭 2021年10月2日 聖言 本教救いの特異性 昭和24年10月5日 本教の使命は地獄で苦しんでいる人達を、天国へ救うので、それによって社会を天国化そうとするのである。此意味に於て、人を天国へ救うには、先ず自分が天国に上って天国人となり、大衆を救い上げるのである。つまり地獄から天国へ梯子をかけて、手を延して一段一段登らしてやるという訳である。之が今日迄の凡ゆる宗教と異る点で、それは寧ろ反対でさえある。...
明主様御歌と聖言

2021年「世界メシア教 秋季大祭」献歌

世界メシア教 秋季大祭 2021年10月2日 奏上歌 秋季大祭に今の自分をありのままお供へせむと神に真向かふ 過現未と吾とを結ぶ主の神の力を称え今を生きなん キリストの苦難の道と明主様の道あればこそたつ地上天国 み救いを求むる多くの人々を主神に取り成す祈りぞ尊き 甦りの生命の息を知りし今呼吸と共に御業に仕へん 入選歌 吸う息と吐く息の中に生る神意識せずして生る愚かさ 尊くも教主様が御下付の「大光明」に祈り捧げる我が家となりぬ 新鮮なインスタグラムメッセージを見れば日ごとの食物となる...
明主様御歌と聖言

2021年「世界メシア教 春季大祭」献歌

世界メシア教 春季大祭 2021年4月4日 奏上歌 メシア教信徒となれし栄光を大光明に帰する春季大祭 主の祈りメシアの御名の教会の使命を持ちて日ごと唱えん 再臨を待つことなかれ主の神はすでにわが身と共にありけり この息は神の命と知りてより一息の中想い委ねん 主の神も明主様もイエスもわが内に在すと信じ伝え励まん   入選歌 燃えるような若き人材育成に誠捧げる我でありたし 主の祈り唱えられるは中心に主がいるからと気づきし喜び イスラエルの民が犯しし罪が今私の中で贖われけり 我が内のメシアの御名の救ひこそ真の救ひと信じ仕へむ...