二代様御歌・聖言

二代様御歌・聖言

二代教主ご命日祭 2023年1月24日 二代様御歌 遇ひがたき聖代(ひじりのみよ)に生れし教子(こ)よつくせよつくせ神と世のため 道のため荒野を拓き蒔く種も心せざれば鳥のあらさむ みためしに遇はせ給はず人類を愛善の道に救はせたまへ 幾とせの茨の道も大神のめぐみと知るぞかしこかりける いと小さきこの身なれども浄めましつかはし給へ神のしもべと   聖言 二代様お言葉...
二代様御歌・聖言

明主様御歌・聖言・聖書

新年祭 2023年1月1日   明主様御歌 新玉の年の心地に人みなの笑ぎたのしむ御代を思へり らんまんと花咲きみだる春の日を誰か思はん冬枯の地に 諸人の心の岩戸開くれば此世の闇は打消ゆるなり 世を呪ひ人を恨みし其頃の心の曇りは消えて跡なき 過ぎ去りし事を悔まず前途を案ずる勿れ神にある身は 有難し噫有難し救はれて我家ぬちは此世の天国 信仰の真髄こそは礼節を守るにありと知れよ信徒   聖言 昭和24年3月8日 御講話 問 用達をしてから教導所へ来る人には出直して来なければしてやらない、という方もありますが?...
つながりは確固不動にして万古不易。イエスと明主様を我らの主と仰がん ──御生誕祭並びにイエス聖誕祭

つながりは確固不動にして万古不易。イエスと明主様を我らの主と仰がん ──御生誕祭並びにイエス聖誕祭

2022年12月18日、教団史上初となる「御生誕祭並びにイエス聖誕祭 ~明主様ご生誕140周年特別祝典~」が、「グランドニッコー東京 台場」で執り行われた。清き音楽に満ち満ちた、祈りと讃美の場となった祝典。これぞ栄光、これぞ我々が立ち返るべき天国の写しなのだと確信せずにはいられない。贖い主イエスを明主様に倣い全身でお受けし、天の父を偽りなくお讃えしたい。この熱き思いをもって、教主様よりご宣言賜った「メシア聖堂」の建設に全信徒一丸となってお仕えしようではないか。 希望と栄光の中を共に前進しようではないか!  ...
教主様による神事の御入霊祈願・御下付式

教主様による神事の御入霊祈願・御下付式

教主様による御入霊祈願と御下付式が、2022年12月8日、本部ご神前で執り行われた。 初めに御入霊祈願が斎行され、教主様の後継者であられる真明様がお立ち会いになり、教団を代表し成井理事長が参列。完全な静寂に響く教主様の聖く崇高なお祈りに、記者は天の父なる神様を目前に拝しているかのように感じ、この上ない畏怖の念と喜びを抱かずにはいられなかった。 御下付式では、真明様がお立ち会いになる中、教主様が御神体、御神影、「おひかり」を成井理事長に下付された。 御入霊祈願は、明主様のご在世当時から行われている神事である。明主様のご昇天後は二代様、三...
説き明かされた真の芸術宗教のみ心。世界を動かす誠の歌声を ──新穀感謝祭

説き明かされた真の芸術宗教のみ心。世界を動かす誠の歌声を ──新穀感謝祭

祭主であられる教主様のもと、新穀感謝祭が12月1日、世界メシア教本部で執り行われた。 教団浄化の中にあって、教主様のみもとにあればこそ許された世界メシア教の復活、メシア降誕本祝典の挙行、そしてメシア教の聖地建設への参画。真明様は、明主様の芸術宗教のみ心を教団史の奥底から明らかにしてくださった。我々はもはや芸術を、美を被る側に留まってはいられない。我々の誠の歌声が世界を動かせるのだ。歌う側に、届ける側に立ち、ハレルヤの讃美を天地に響かそうではないか!  ...