2020年「世界メシア教 立春祭」真明様ご挨拶ポルトガル語朗読版公開のお知らせ

このたび、先日公開した教主様お言葉のポルトガル朗読版に続いて、2020年「世界メシア教 立春祭」真明様ご挨拶の朗読版も、ブラジル世界メシア教のYouTubeにて公開されましたので、そのリンクをお知らせいたします。 明主様のみ心をお伝えくださる教主様のお言葉、真明様のご挨拶を、この朗読版を通してポルトガル語で拝聴し、学ばせていただきましょう。  ○2020年「世界メシア教 立春祭」真明様ご挨拶 朗読版(ポルトガル語)https://youtu.be/SEv2r3SucI8    2020年「世界メシア教...

明主様と聖書 29

〔聖書〕 神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が尋ねたので、イエスは答えて言われた、「神の国は、見られるかたちで来るものではない。また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」。「ルカによる福音書」第17章20節~21節   〔明主様〕私は天国は近づけりとは言わない。天国は已に来れりというのである。1952年8月20日「文明の創造 序文」   教会誌『グローリー』No. 30,...

明主様御歌・聖言・聖書

七月度月次祭 2022年7月1日   明主様御歌 神人と唱ふる深き言の葉の謎はいよいよ吾証さなん 思ひきや賤の男子の現身に宿かり給ふ観音畏し ハレルヤの歓呼の声に輝いて降るメシアを仰ぐ嬉しさ ハレルヤの歓呼の渦の直中に静かに天降るメシアキリスト 吾こそは罪ある者を救はんと権威を有ちて世に降りける 弥果てに万人悉我膝に鰭伏す時のたのしまれぬる 只一人吾只一人主の神の任しを帯びて世ぞ救ふなる 人にして神にしありぬ神にして人にあらねば世ぞ救へまじ   聖言...

明主様御歌・聖言・聖書

メシア降誕本祝典 2022年6月15日   明主様御歌 長き世の仮の文明打砕き真の文明打樹てんかも 過ぎし方振さけみれば八重葎(やえむぐら)茨の道をよくぞ越え来し 三千年の桃実るてふ此年に国も高天も御祝典(ことほぎ)のあり パリサイ人等悔い改めて額かん栄冠耀くメシアの御前に あな尊と天より降るキリストを祝ふハレルヤの声ぞいさまし 祝(ほ)ぎ歌に国中(くぬち)どよみて音高く天の御位にのぼらす日の御子 行手には光明見えて胸ぬちに希望の泉湧き出づるなり 聖言 昭和24年9、10月御光話...

本部
〒413-0006
静岡県熱海市桃山町27-1

本部事務所
〒413-0011
静岡県熱海市田原本町9-1熱海第一ビル4F

This post is also available in: English Português